綾瀬はるか「結婚遠のく過労」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

綾瀬はるか「結婚遠のく過労」石原さとみと差がありすぎる理由

綾瀬はるか「結婚遠のく過労」石原さとみと差がありすぎる理由
social-fill

 3月25日の「女性セブン」(小学館)が綾瀬はるかの“ひと休み計画”について報じた。

 3月21日に放送された主演ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)では平均視聴率20.1%を超え、仕事は絶好調の綾瀬だが、東京五輪が終わるまで恋愛に新たな動きはなさそうだと報じられている。

 その理由について同誌は「彼女は五輪のスポンサーのCMに出演していて、いわば五輪の顔の1人。そのため、五輪が終わるまでのプライベートの大きな変化はない」と予想。最近主演を務めたテレビドラマは軒並み高視聴率を記録し、これからますます各局から引っ張りになるだろう。女優としてのキャリアは順調だが、恋愛ドラマへの出演が少ないのも綾瀬の特徴。ファンの間ではドラマでもプライベートでも綾瀬の恋愛に期待する声が多く集まっている。

 一方、綾瀬の“ひと休み計画”とは裏腹に、東京五輪の聖火リレーアンバサダーを務めつつも、結婚を発表したのが同事務所の石原さとみだ。3月25日に行われた「東京2020聖火リレー」グランドスタートセレモニーに出席した石原は、「ランナーの方たちだけではなくて、多くの方が目標を持って、明るく前向きに生命力を高めて生き抜いていってほしいなと心から思います」とコメントした。

 石原は、2020年10月に一般男性との結婚を発表。さらに、綾野剛とダブル主演を務める新ドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)が4月からスタートする。

 同ドラマは「史上最強のラブコメ」 といったキャッチコピーを掲げ、石原と綾野が演じる男女のDeepな恋模様を描いた作品。解禁された同ドラマのビジュアルには綾野にグイグイ迫る石原の姿が。すでに“胸キュン”したという声が続出し、放送を楽しみに待つファンが盛り上がりを見せている。

 五輪の聖火リレーアンバサダーでありながら、プライベートでも出演作品でも恋愛を楽しんでいる石原。綾瀬にはバリキャリ路線を、石原には恋愛路線を進ませているのも、事務所の戦略なのだろうか。

 石原が新型コロナウイルスの感染を非公表にしたことでバッシングを浴びた際には「創価学会の後ろ盾があるから」「聖火リレーのアンバサダーだからお偉いさんが隠ぺいしようとしたのでは」など様々な憶測が飛び交っていた。

 石原と綾瀬の待遇の差には、裏にいろいろとあるのかもしれない。