三浦春馬「お別れ会できず」志村けんも中止で可能性 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「お別れ会できず」志村けんも中止で可能性大の理由

志村けん「お別れ会できず」三浦春馬も中止の可能性大の理由
socialfill

 3月29日、タレントの志村けんさんが亡くなって一周忌となる。

 一周忌ということで、各マスコミも記事を出している。「NEWSポストセブン」(小学館)には、志村さんの最期を知る家政婦の女性が登場。新型コロナウィルスに感染した際の様子や闘病等について語っている。

 世間からは「使用人だとすれば尚更志村けんさんのことを人様に話すことは控えてほしかった」「そもそも誰もが知らない故人の話を記者にベラベラ話す事がいい事だとは思わない」「雇い主のプライベート時の写真を出したり、自宅での様子を話したりしてしまうというのは、私はとても違和感を感じます」など、疑問の声も決して少なくない。

「お別れ会」に関して

 これだけの大御所有名人であることを考えれば、色々な報道が出てしまうのも仕方なしか。いずれにせよ、惜しむ声が多いのは事実である。

 また、昨年開催できなかった「お別れ会」に関しての報道もあった。

「『東京スポーツ』は、志村さんゆかりの関係者が主催する『お別れ会を』ということでしたが、昨年はコロナ禍で開催を延期しました。

今年になってもコロナ禍は落ち着いておらず、開催の予定は立てられないようです。

ネット上では『無理にお別れの会をやらなくてもいいと思います。テレビで志村けん&ドリフターズ関連の映像を流してくれるだけで充分に嬉しくて満足しています』『これからも定期的に志村さんのコントを放送してくれればそれでいい』『志村さんクラスじゃとんでもない人数が集まるだろうし、ご高齢の方も多いから万が一感染者を出したら大変な事になる』との意見もあります。

昨年亡くなった俳優の三浦春馬さんも『お別れの会』という話がありましたが、現在も執り行われていません。今年7月の予定ですが、志村さんと同様、行うのは難しいのかもしれません」(メディア記者)

 志村さんの動きで、三浦さんなどの会の可否も決まるのかもしれません。
(文/堂島俊)

「ライター紹介」
大学卒業後、ライター業を中心に活動。多くの媒体での執筆経験、芸能の造詣の深さあり。