報ステCM「謎の女優正体」ジェンダー発言炎上 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

報ステCM「謎の女優正体」ジェンダー発言炎上の裏で

報ステCM「謎の女優正体」ジェンダー発言炎上の裏で
socialfill

 テレビ朝日系『報道ステーション』のWEBCMに批判が殺到している。

 帰宅した女性が誰かに向かって「会社の先輩 産休あけて赤ちゃん連れてきてたんだけど もうすっごいかわいくて どっかの政治家が『ジェンダー平等』とかってスローガン的にかかげてる時点で 何それ時代遅れって感じ 化粧水買っちゃったの もうすっごいいいやつ それにしても消費税高くなったよね 国の借金って減ってないよね?」と語り、最後に女性の顔に「こいつ報ステみてるな」とテロップが出ている内容だ。

 この内容が「本来ジェンダー平等推し進めてきてたらスローガンにするまでもなく達成出来てた筈だよねって政府への皮肉のつもりなんだろうけど、表現方法下手すぎて伝えきれず炎上してんの日本のメディアらしいな」「ジェンダー平等を妨げてきた要因が自分たちにもあるという反省もなく「変えよう」という人たちをからかって、差別・抑圧を固定化しようとする報ステのCM」「すぐには言葉で表現できない種類のショックだな。五輪の女性蔑視騒動って20年前の事だっけ」など批判が殺到している状況だ。

 確かに何を伝えたいのかもわからずいたずらにジェンダーに触れている部分は否定できないだろう。

 また、このCMに出演している“女優”にも注目が集まっている。

「CMでトークを展開している女優さんも今回の炎上の対象になってしまっています。実際にはCMを作らせたテレ朝やクリエイターこそ責められるべきで、この女優さんはトバッチリという感じですけどね。

またこの女優を単純に『かわいい』という声もありますが、調べても情報が出てきません。オーディションで受かったのではないか、という意見もあります。

あまりいい形ではありませんが、有名になったということで頑張ってほしいですね」(メディア記者)

 気の毒だが、ピンチはチャンス。
(文/ジェシー中目黒)

「ライター紹介」
目黒区近辺をうろうろしているライター。芸能、ジャニーズ情報に目がなく、仕事にしてしまった。