古賀稔彦さん「死の理由」がんと等々力での姿 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

古賀稔彦さん「死の理由」がん闘病と等々力での痩せた姿

古賀稔彦さん「死の理由」触れないワケと金メダリストの知名度
socialfill

 バルセロナオリンピック、柔道の金メダリストの古賀稔彦さんが亡くなったとNHKが報じた。

 NHKは「鮮やかな背負い投げを持ち味に「平成の三四郎」と呼ばれたバルセロナオリンピック、柔道の金メダリストの古賀稔彦さんが亡くなりました。53歳でした。」とテレビ、ネットで速報を出している。

 53歳という年齢はあまりにも若く、その衝撃は大きい。1992年バルセロナオリンピック選手団主将を務め、左膝を負傷しながらも金メダルを獲得。1996年アトランタオリンピックでも銀メダルを獲得している。

谷本歩実は古賀さんの教え子

 近年は柔道指導者としても活動。2004年のアテネ五輪女子柔道63キロ級で金メダルを獲得した谷本歩実は古賀さんの教え子で知られる。

「現状、死の理由や死因には触れていません。なにがしか触れられない理由があるのかもしれませんし、あまりにも唐突なものだったのかもしれません。

いずれにせよ、五輪金メダリストは国民的な知名度を誇る場合が多く、古賀さんもそれは同じです。それだけに衝撃は大きいですね。

昨年は多くの有名人がさまざまな理由で亡くなりました。コロナの影響もあるのかないのか……」(メディア記者)

 その後メディアから「がんで闘病をしていた」と報じられた。昨年、Jリーグの開幕始球式に訪れた際、痩せた姿が話題になったが、すでに闘病中だったのかもしれない。

 心からご冥福をお祈りしたい。
(文/編集部)