小栗旬大迷惑『鎌倉殿の13人』降板呉座勇一氏「女性差別発言」の内容 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 小栗旬大迷惑『鎌倉殿の13人』降板呉座勇一氏「女性差別発言」の内容がヤバい

小栗旬大迷惑『鎌倉殿の13人』降板呉座勇一氏「女性差別発言」の内容がヤバい

小栗旬大迷惑『鎌倉殿の13人』降板呉座勇一氏「女性差別発言」の内容がヤバい
socialfill

 来年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)の時代考証を担当する1人、歴史学者・呉座勇一氏が自身のTwitterに不適切な内容の投稿をしたとして23日、番組公式Twitterで降板が発表された。

 呉座氏に関し「『鎌倉殿の13人』の時代考証を依頼していた歴史学者の呉座勇一氏より、自身のツイッター投稿の一部内容が不適切であった責任を取り、降板したいとの申し出がありました。番組制作サイドもその事実を確認し、降板していただくことにしました」とした。

『ミソジニー』(女性や女らしさに対する嫌悪や蔑視)

 小栗旬主演、三谷幸喜脚本ということで注目されているが、とんだ迷惑な話となってしまった。

 いったい何があったのか。

「呉座氏の女性文学者に対する発言が誹謗中傷、『ミソジニー』(女性や女らしさに対する嫌悪や蔑視)などとSNS上で批判の声が上がり、騒動になっていたようです。

女性学者に粘着して誹謗中傷していたのがバレたことで批判が巻き起こり、その後も中傷ツイートにRTやいいねをしていたといわれてもいます。

過去にもこうした発言をしていたようで、今回の降板に至ったようです。

世間からは『価値観がこれだけ日々刻々と変化する現代社会では、SNS投稿が命取りになる可能性が高い』『呉座氏の女性への偏見は相当に根が深い』など、一部では知っている人もいたようですね」(メディア記者)

「時代劇は現代で堂々と女性差別ができる最後の砦」という趣旨の発言もしていたとか。さすがにまずいだろう。
(文/堂島俊)

「ライター紹介」
大学卒業後、ライター業を中心に活動。多くの媒体での執筆経験、芸能の造詣の深さあり。