小栗旬大迷惑『鎌倉殿の13人』降板呉座勇一氏「女性差別発言」の内容 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 小栗旬大迷惑『鎌倉殿の13人』降板呉座勇一氏「女性差別発言」の内容がヤバい

小栗旬大迷惑『鎌倉殿の13人』降板呉座勇一氏「女性差別発言」の内容がヤバい

小栗旬大迷惑『鎌倉殿の13人』降板呉座勇一氏「女性差別発言」の内容がヤバい
socialfill

 来年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)の時代考証を担当する1人、歴史学者・呉座勇一氏が自身のTwitterに不適切な内容の投稿をしたとして23日、番組公式Twitterで降板が発表された。

 呉座氏に関し「『鎌倉殿の13人』の時代考証を依頼していた歴史学者の呉座勇一氏より、自身のツイッター投稿の一部内容が不適切であった責任を取り、降板したいとの申し出がありました。番組制作サイドもその事実を確認し、降板していただくことにしました」とした。

『ミソジニー』(女性や女らしさに対する嫌悪や蔑視)

 小栗旬主演、三谷幸喜脚本ということで注目されているが、とんだ迷惑な話となってしまった。

 いったい何があったのか。

「呉座氏の女性文学者に対する発言が誹謗中傷、『ミソジニー』(女性や女らしさに対する嫌悪や蔑視)などとSNS上で批判の声が上がり、騒動になっていたようです。