長澤まさみ「過労と限界」三浦春馬らの傷癒えず、コンフィデンスマンJP撮影 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 長澤まさみ「過労と限界」三浦春馬竹内結子の傷、コンフィデンスマンJPクランクインで…

長澤まさみ「過労と限界」三浦春馬竹内結子の傷、コンフィデンスマンJPクランクインで…

長澤まさみ「過労と限界」三浦春馬竹内結子の傷癒えず、コンフィデンスマンJPクランクインで…
socialfill

 女優の長澤まさみが主演を務める人気作『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の映画第3弾がクランクインしたと報じられ、さまざまな意味で注目を集めている。

 3月23日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、「長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』笑顔で欺く主演の悲鳴」と題した記事を掲載。昨年大ヒットとなった映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の続編となる『コンフィデンスマンJP英雄編』がクランクインとなったことを綴った。

 同映画はドラマ版から人気を博し、映画化されたシリーズ。しかし、不倫騒動で非難を浴びた東出昌大をはじめ、昨年亡くなった三浦春馬さんと竹内結子さんがともに重要な役として出演していたこともあり大きな話題となった。

かなりの過密スケジュール

 当時、かなりの精神的ダメージを受けていたとも言われる長澤。同誌では新作の撮影現場での笑顔ショットも掲載されているが、いまだ心の傷は癒えきっていないのではないだろうか。

 さらに、長澤はこの先もかなりの過密スケジュールだと記載されており、心身ともに疲労困憊していしまわないか心配だ。

 長澤といえば先日、主演映画『MOTHER マザー』で、「第44回日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞を受賞したことが発表されたばかり。

 これまで幾度となく他部門で受賞を果たしてきた彼女なだけに、今回の受賞に対しては「素晴らしい演技だった」「今の映画女優、ドラマ女優の中でも抜きん出た人」など祝福の声が寄せられ、世間も納得の様子。

 加えて今回『コンフィデンスマンJPプリンセス編』でも優秀主演女優賞にもノミネートされている長澤。これらの華々しい結果を受けて「作品オファーの幅も拡がると思います」とのコメントが寄せられるほど、今後の仕事量にさらなる影響が出ることも考えられる。

 これ以上過労となり、長澤に何事もないといいのだが、三浦さんや竹内さんのことが脳裏をよぎる人も多いだろう。

 心身のバランスをとりながら、今後も活躍していってほしいものだ。
(文/名古屋譲二)

「ライター紹介」
愛知県名古屋市在住。制作会社で記事執筆とクライアントへの営業業務を並行し行う。