佐藤健マネジャー「激務すぎ」と三浦春馬…アミューズ独立の裏 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

佐藤健マネジャー「激務すぎ」と三浦春馬…アミューズ独立の裏で

佐藤健マネ「激務すぎ」と三浦春馬…アミューズ独立の裏で

 3月23日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が佐藤健と神木隆之介を独立へ導いた元アミューズのマネージャー・千葉伸大氏について報じた。

 寝る間も惜しんで所属俳優を人気者へと育て上げた“不眠”マネージャー・千葉氏。その働きぶりからは7月に亡くなった三浦春馬さんを想起するファンも少なくないだろう。

「いつ寝ているんだろう」と心配

 同誌によると、千葉氏は社内の人事異動によりプロデュース業を離れることに納得できず、独立を決意。千葉氏を信頼していた佐藤と神木を引き連れ、4月から設立される新会社「Co-LaVo(こらぼ)」の代表に就任するという。デビュー時から佐藤を担当していた千葉氏は、佐藤に大河ドラマや朝ドラなど豊富なキャリアを積ませ、人気俳優へと育て上げた。

 周囲からは「いつ寝ているんだろう」と心配されるほど若手の育成に奮闘していたようだ。

 マネージャーが仕事を取れば取るほど作品への出演機会も増え、有名俳優へと駆け上がることができる芸能界。しかし、有名になることが目的となってしまい、俳優の体調管理やメンタルケアが疎かになってしまっては本末転倒である。

 7月に亡くなった三浦さんと事務所の関係性でも、同様の指摘が。

 三浦さんが逝去後、三浦さんの出演する作品の公開が多く「明らかに働かせすぎ」「過労死説」など、デマや憶測も含め未だに様々な憶測が飛び交っている。

 事務所から独立した2人には、心身ともにストレスフリーな芸能活動を行ってほしいものだ。

 佐藤も神木も、千葉氏のマネジメント力には絶大な信頼を寄せておりその点においては問題なさそうだが、果たして……。
(文/愛知太郎)

「ライター紹介」
愛知県名古屋市在住。制作会社でクライアントワークやメディア記事を中心に執筆中。