水川あさみ「妊娠」窪田正孝ドタキャン報道で指摘 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

水川あさみ「妊娠」窪田正孝ドタキャン報道で指摘多数

水川あさみ「妊娠」窪田正孝ドタキャン報道で指摘多数
socialfill

 俳優の窪田正孝が「ドタキャン」?

「女性自身」(光文社)によれば、窪田は三池崇史監督の舞台『酔いどれ天使』の主演を“発表2週間前にドタキャン”したという。

 理由は「新型コロナウイルスへの感染リスクを考えた末に降板したいと申し出た」だとか。

 黒澤明監督の名作の舞台化ということで注目を浴びる作品だが、10月のドラマ『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)に窪田が出演予定であり、その撮影の前倒しまでしてもらっていたのに……と関係者は嘆いているという。

世間の意見は真逆

 記事だけおを読めば窪田がずいぶんと横暴に見えるが、世間の反応は違う。

「世間の意見は全く違いますね。

『何かどうしてもご本人の中で譲れないものがあったのかも。人が変わったとかわがままとかそういう話じゃないと思う』『こういった感染症流行の時期なので、仕方ないと思います』『コロナで日々状況は変化するから、嫌だと思うことは嫌だと言える世の中であって欲しい』など、窪田さんを擁護する声が大多数ですね。舞台はコロナ感染リスクが高いことは知られた話ですしね。

また、文中に『以前の窪田さんはどんな仕事も断らなかったけど、結婚して人間が変わってしまった』という言葉があります。『これが言いたかっただけ』と、妻の水川あさみさんを貶めるのが目的では、という意見もあります。

2人は結婚して2年ほど。今回の報道に『水川さんが妊娠したのでは』という意見も少なくありません」(メディア記者)

 おめでたであれば、いやそうでなくても、窪田の判断が間違っているとは限らないだろう。
(文/城島信二)

「ライター紹介」
関西の大学卒業後、プログラマー等から出版社に入社。多媒体でので執筆経験あり。