武井壮「言い訳」元カノ“確定”と匂わせ | Social Fill
カルチャースポーツ社会

武井壮「言い訳」元カノ“確定”危惧と匂わせが小さすぎる…

武井壮「言い訳」元カノ“確定”危惧と匂わせが小さすぎる…
socialfill

 タレントの武井壮が、21日の「失言」を釈明した。

 武井は22日、Twitterで「元彼女結婚発言ご迷惑おかけしてますが、元彼女も旦那も仲間内で、19年前に別れた親戚付き合いみたいな女性と、近しい仲間がいつの間にか結婚して僕だけ知らなかったのでビックリした!ということ。。2人とは今も仲良くご飯したりしてるので、暴露とかではなく、とにかくそれに驚いた!って話です。。」と説明した。

 21日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演した武井は「去年なんですけど、僕の元交際相手が、某芸能人の嫁になって、マジで鼻血出ました」と突然告白。「元カノは誰だ」と騒ぎになった。この件に関しての上記の釈明というわけだ。

『19年前に別れた親戚付き合いみたいな女性』なら…

 時すでに遅しというべきか、世間からは「遠回しなマウンティングになってますよ。言われた方は表面上はなにもなかったようにしてても、嫌な気持ちだよ」「いや暴露だろ。このご時世誰かがすぐ調べて実名が判明するか、これを元に根も歯もないウワサがすぐ広がる」「某芸能人の嫁だなんてことまで言うなんて、誰だかわかっちゃってもいいと思ってる、自分を選ばなかった若干の恨み節?」など、厳しい意見が消えない。

 また、そもそものツッコミも。

「『19年前に別れた親戚付き合いみたいな女性』だったら、別に名前を出してもいいのでは、という声ですね。

結局名前を出さないのであれば一緒で、単なる言い訳という風にしか捉えられないようですね。武井さんはこれまでそういったキャラクターではなかったので、イメージ下落は避けられません」(メディア記者)

 百獣の王にしては、矮小なコメントだったようだ。
(文/ジェシー中目黒)