綾瀬はるか『行列中居正広も粉砕』打ち切りへ…『天国と地獄』視聴率 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 綾瀬はるか『行列中居正広も粉砕』打ち切りへ…『天国と地獄』視聴率で如実

綾瀬はるか『行列中居正広も粉砕』打ち切りへ…『天国と地獄』視聴率で如実

綾瀬はるか『行列中居正広も粉砕』打ち切りへ…『天国と地獄』視聴率で如実
socialfill

 綾瀬はるか主演『天国と地獄』(TBS系)の最終回が21日に放送され、平均視聴率が20.1%(ビデオリサー調べ、関東地区)だったことがわかった。

 綾瀬演じる刑事と高橋一生演じる連続殺人鬼の「入れ替わりミステリー」として初回から高視聴率、大きな話題になった。最終回で大台の20%超ということだが、話題や満足度を考えれば妥当とすらいえるか。

いわくつきの番組

 TBSドラマの要といえる「日曜劇場」の面目躍如といえるところであり、他局がうらやむ数字である。『半沢直樹』なども含め、勢いはまったく衰えない。

 その一方「裏番組」は、世間の非難にすらさらされている。

「『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)ですね。最近はほぼまったく法律を扱わず、単なるタレントのバラエティや番宣になっているともっぱらです。21日には中居正広さんが出演して話題にはなりましたが、『天国と地獄』の反響とは比べようもありません。

初代MCの島田紳助さん、宮迫博之さん、渡部建さんと出演者がことごとく不祥事で消えるといういわくつきの番組でもあり『存続する意味がない』とかなり厳しめにいわれてもいます。

『天国と地獄』は綾瀬さんと高橋さん、他キャストの熱演が非常に印象的で『これぞドラマ、これぞテレビ』という評価を受けています。『行列はもういらない』という声が出るのも自然ですね」(メディア記者)

 再編成の時は近い、かも。
(文/堂島俊)