JRA武豊「レシステンシア乗り替わり」靱帯損傷で危機 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

JRA武豊「レシステンシア乗り替わり」靱帯損傷でG1勝利に危機

JRA武豊「レシステンシア乗り替わり」靱帯損傷でG1勝利チャンスが…
socialfill

 JRA武豊騎手が21日、右足部靱帯(じんたい)損傷のため、全レース乗り替わりとなった。

 この日の騎乗は6鞍だったが、前日20日の阪神10Rのゲート内で馬が暴れて負傷し、同12R後に診断を受けて損傷がわかった。

 阪神メインの阪神大賞典では有力馬ユーキャンスマイルに騎乗予定だったが、こちらも乗り替わり。来週の日経賞ワールドプレミアの騎乗なども怪しいところだ。

 来週以降はG1レースが続くため心配も多いが、今年に入って2度目の「負傷」となる。

高松宮記念では人気のレシステンシア騎乗予定

「1月には腰痛で1週間の騎乗を取りやめたことがありました。今度は靱帯損傷……すでに52歳ですし、肉体的な負担も大きくなってきているのでは、という声もあります。

靭帯は時間がかかる場合もあります。