ゆきぽよ「逮捕」復帰インタ逆効果でワタナベマホト | Social Fill
カルチャースポーツ社会

ゆきぽよ「逮捕へ」復帰インタ逆効果とワタナベマホト二の舞か

ゆきぽよ「逮捕」復帰インタ逆効果とワタナベマホト二の舞か
socialfill

 タレントのゆきぽよこと木村有希が、18日にスポーツ紙のインタビューに応じた。

 ゆきぽよは、今年親密な男性が2019年にゆきぽよの自宅でコカインを摂取して逮捕されたことが「週刊文春」(文藝春秋)によって報じられ、ゆきぽよ自身にも疑いがかけられた。その後メディア露出は皆無となったが……。

もう復帰は無理

 ゆきぽよは記事を事実と認めつつ「自分の行動次第。赤ちゃんは最初は1人で歩けず、立ち上がって転んでを繰り返す…今、立ち上がろうとしているんです、私」「失敗を経験にして『ゆきぽよは変わったよね』と思ってもらえるようになれるよう頑張る」などと発言した。

 タレント復帰を諦めていないのは明らかな発言であるが、世間からすれば「今後はもう通用しない」「犯罪者の友達で黙認して合鍵まで渡して出入りして連絡を断てなかったなんて理由になる程社会は甘くない」「反社と薬物使用者と付き合っていたならば、もう復帰は無理だと思う」などなど、復帰は絶望的というのが一般的な見解だ。