小室圭「驚愕の年収」行方不明状態 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

小室圭「驚愕の年収」行方不明状態と皇族“侮辱”

小室圭「驚愕の年収」行方不明状態と皇族“侮辱”
socialfill

 秋篠宮家の長女眞子さまとの結婚問題が解決しない小室圭さんだが、「高額年収」の可能性があるのだという。

 小室さんは現在米国弁護士資格を得るために留学中だが「日刊ゲンダイ」によれば、米国の弁護士になり、外資系企業や海外子会社がある国内の大企業などの渉外案件を担当すれば、年収2000~5000万円が得られるかもしれないとのことだ。

 世間は相変わらず「可能性じゃなくて、まずは普通に借金を返せ」「まだ弁護士にもなっていない」「潔く身を引くべきです」「皇室がダメになる」など拒否反応のオンパレードだ。

小室さん自身の動向がまるでなくなっている

 母佳代さんと元婚約者の借金問題はいまだ解決した、という話は出てこない。小室家の問題の最低限が解決していないのに、見込みの年収もクソもないだろうということである。

 また、最近は小室さん自身の動向がまるでなくなっている状況だ。

「最近は本人の話は全く聞かない状況ですね。国連で働くとか弁護士になるとはいろいろあるのですが『本当に結婚する気があるのか』ともとれます。

また、米国弁護士といっても超がつくエリート層でなければ年収5000万円などは不可能という情報もあります。小室さんが通うフォーダム大学では、その層には入れないのでは……という意見も。

そもそも“クラブでの裏ピース写真”流出など、皇族方との結婚するイメージは消えています。今後どんな写真が出るかもわかりませんし、厳しい状況ですね」(メディア記者)

 小室さんは今どこにいるのだろうか。
(文/田中陽太郎)