V6「大麻所持ラッパー逮捕」大迷惑の理由 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

V6「大麻所持ラッパー逮捕」大迷惑の理由と「アノ楽曲」

V6「大麻所持ラッパー逮捕」大迷惑の理由と「アノ楽曲」
socialfill

 人気ラッパー逮捕で、解散に涙するファンに追い打ちか。

 音楽ユニット「CREAM」のラッパー「Staxx T」こと北橋拓真容疑者(34)が乾燥大麻約6.5グラムを所持したとして大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された事がわかった。

 北橋容疑者は「彼女と吸った」と供述しており、入手経路などを調べているとのことだが、19年8月に都内で職務質問された際、電子たばこから大麻の成分が検出され、17日に自宅の家宅捜索にて乾燥大麻や吸い殻などが発見されたという。

「Staxx TってV6の…」

 この報道に「Staxx T大麻かよ」「CREAM結構好きだったのに」「ちょっとショック」など驚きの声と共に「彼女売ったのか」「彼女と吸いましたはダメだろ」「彼女は出さなくて良いのでは」など、ネット上で北橋容疑者の彼女と噂されている元セクシー女優を、簡単に売ったと話題になっている。

 ただ、北橋容疑者逮捕に嘆く声は他にもあるようで。

「Staxx TってV6のSupernovaの人じゃん」

「Supernova」は2011年のツアーで初披露されるも中々音源化されず、2013年に発売されたアルバム「Oh! My! Goodness!」に収録されたV6ファンにとって有名な人気曲。

「Staxx TはV6のSupernovaだけでなく、Hey!Say!JUMPの楽曲でも作詞を行うなど、ジャニーズファンからも認知度が高いラッパーです。

作詞を担当した人物のスキャンダルによって楽曲自体に対する非難が出ることはないとは思いますが、V6は今年11月の解散を発表したばかりですし、Supernovaは一時は音源化を諦めたなんてファンもいるほど時間が掛かった思い入れのある楽曲。それだけにショックも強いのではないでしょうか」(メディア関係者)

 V6解散の発表を聞いたばかりのファンにとっては、11月まで彼らとの大切な時間を過ごそうと前を向いた矢先だ。今回の報道は残念ではある。
(文/鎌倉湘南)