堀江貴文「文春反省しろ」渡辺直美「女性蔑視」にYouTubeで | Social Fill
カルチャースポーツ社会

堀江貴文「文春最低反省しろ」渡辺直美「女性蔑視」にYouTubeで意見

堀江貴文「文春最低反省しろ」渡辺直美「ブタ蔑視」にYouTubeで意見
socialfill

 東京五輪・パラリンピックの開閉会式の企画、演出の統括役辞任を表明したクリエイティブディレクターの佐々木宏氏が、タレント渡辺直美を「ブタ」「オリンピッグ」などと関係者のグループLINEで揶揄した問題。

 すでに佐々木氏は辞任し、渡辺も自身のSNSで「表に出る立場の渡辺直美として、体が大きいと言われる事も事実ですし、見た目を揶揄されることも重々理解した上でお仕事をさせていただいております。実際、私自身はこの体型で幸せです。なので今まで通り、太っている事だけにこだわらず『渡辺直美』として表現していきたい所存でございます」などと吉本興業のHPでコメントするなど、騒動は大きくなっている。

 そんな中、実業家の堀江貴文氏がこの件に関し自身のYouTube「ホリエモンチャンネル」で言及した。

完全に営利目的。こんなのを許していいのか

 堀江氏は今回の件に関し、佐々木氏の発言は「あってはならない最低の発言」「責任ある立場の人が女性蔑視、しかも名誉を棄損する行為はよくない」と切り捨てた。

 しかし、堀江氏の発言はこれで終わらなかった。堀江氏はこの報道を出した「週刊文春」(文藝春秋)に矛先を向けた。

 堀江氏は、「以前タレントの不倫などで、LINEが流出して文春にリークされるようなことがあった」「リークするほうもリークするほう。刑事事件に発展するなら仕方がないが、プライベートで違法性のない内容を外に持ち出すのは倫理的によくない」とし「それを報道する側も部数やPV、広告収入など完全に営利目的。こんなのを許していいのか」と糾弾。

「人間として最低の行為」

「ようはカネのためにプライベートを暴いていいのか、そんなものに公共性は1ミリもない」と続け「人間として最低の行為」と断罪した。

 最後に堀江氏は「文藝春秋の社員は自分たちの会社がそのような最低な行為をしていることを反省してください」「君らは最低だ」とした。

 もともと堀江氏は文春へは厳しい論調をしてきた。

 世間からは同調する声も多く「堀江さんのご意見に100%賛同します」「人を陥れようとするメディアが存在することに嫌気がさす」「文春を挑発して文春から狙われないようにしてくださいね」などさまざまな意見がある。
(文/ジェシー中目黒)