三浦春馬さん「アミューズ会見」実施と現状 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬さん「アミューズ会見」実施と現状は

三浦春馬さん「アミューズ会見」実施と現状は
socialfill

 俳優の三浦春馬さんが亡くなって、18日で丸8カ月が経過した。

 その間、多くのファンが彼の突然の死を悼み、そして残る疑問をSNSなどで所属事務所アミューズなどにぶつけてきた。

 しかし、アミューズはここまで説明や会見はしていない。残念ながら一部ファンのモヤモヤは消えていないようだ。

「アミューズに会見を開いてほしい」

 最近は出演映画『ブレイブ-群青戦記-』が公開されたが、ここまで残っていたメディア出演もいよいよ少なくなっており、ファンも寂しさを抱いている。その中で、改めて「アミューズに会見を開いてほしい」という意見が多くなっているようだ。

「一部ファンを収め、逆にいえば悪質なデマや誹謗中傷が横行しないためにも、一度説明や会見をしてもいいのでは……と思わなくもないですね。

一方で、三浦さんのプライバシーや警察が絡む情報もありますので『いったい何を説明すれば納得してもらえるのか』という疑問もありますね。余計に疑問を増大させるリスクもあるでしょう。

また、最近のアミューズは本社移転や佐藤健さん、神木隆之介さん、ONE OK ROCKの独立などいろいろと大きな動きがありました。

すぐに実現というのは厳しいのかもしれません」(メディア記者)

 一部ファンの気持ちが届く可能性は薄そうではある。
(文/河島英五)