キンタロー。「現在の顔」がヤバい…子ども怪我晒し | Social Fill
カルチャースポーツ社会

キンタロー。「現在の顔」がヤバい?…子ども怪我晒し炎上

キンタロー。「現在の顔」がヤバい…子ども怪我晒し炎上
socialfill

 自身の子どもを通わせている保育園について綴ったブログが炎上する騒ぎとなったタレントのキンタロー。(以下キンタロー)。

 様々な意見が寄せられているが、「話題作りのために炎上させてるんでしょ」「もう需要ないから引退でいい」と言った声が上がっている。炎上以前に、キンタローの不人気を指摘する人もいるようだ。

 キンタローは「ショックで立ち直れない」「正直なんで外で手を離したのって頭の中モヤモヤしてしまう」と、一時保育に預けていた我が子がケガしたときの心境をブログに綴った。その後、保育園がキンタローに対し謝罪していたことや子どもを病院へ連れて行ったことが判明。

過保護になってしまう部分は

 世間からはキンタローの言動について「保育園を非難しすぎ」「心配なら自分で面倒みれば」など批判的なコメントが殺到し、炎上する事態となった。

 キンタローといえば、2013年に元AKBメンバーの前田敦子のモノマネでブレイク。その後一般男性と2015年に結婚し、2020年1月に第一子を出産した。

 出産直後に出演した『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)では、実家が裕福で何不自由なく育てられたことから「自分が生まれたような温かい家庭を築きたい」と語っていた。

 結婚後すぐに子どもが欲しいと思っていたが、夫が無精子症だったため都内の不妊治療を受けることに。辛い治療を乗り越え、やっとの思いで生まれた我が子だっただけに、過保護になってしまう部分はあるのかもしれないが……。

「今回の件で相当憔悴しているようで、顔もずいぶんと変わってしまった、なんてウワサまで出ています」(メディア記者)

 プライベートでは順風満帆な生活を送っていたキンタロー。しかし仕事の方は、前田敦子のモノマネ以降のネタは鳴かず飛ばず。それに加え、今回の保育園騒動がキンタローの活躍にどのような影響を及ぼすか。
(文/城島信二)