佐藤健「三浦春馬不仲の真相」独立の意図は | Social Fill
カルチャースポーツ社会

佐藤健「三浦春馬不仲の真相」独立の意図は…影響は確実で

佐藤健「三浦春馬関係」独立の意図は…影響は確実で
socialfill

 16日、俳優の佐藤健と神木隆之介が所属するアミューズを退社し新会社名「Co-LaVo(こらぼ)」にて独立する、と報じられた。

 新会社はアミューズの出資によるもので、独立といってもアミューズとの関係がなくなるわけではない。待遇面なのか環境なのか、この「子会社移籍」にはさまざまな意見や思惑がありそうだ。

 ロックバンドONE OK ROCKも独立し新会社だが、こちらは海外展開を加速させるのが目的とのことで、まだ話としてはわかるところがある。いずれにせよ佐藤とワンオクのボーカルTakaは親友でも知られており、同時に独立というのも納得ではある。

 一方で、世間が反応しているのが、この3人と同じくアミューズ所属で昨年7月に亡くなった三浦春馬さんとの関係である。突然の独立に「春馬君の件が関係しているのでは」という意見すらもある。

佐藤だけは明確にコメントをしなかった

 神木、そしてTakaは三浦さんが亡くなった後、それぞれSNS等で追悼のメッセージを出している。その中で、佐藤だけは明確にコメントをしなかったのは何度となく注目された。

 2人は注目を浴び始めた20歳ころから親友で知られ、2人で旅行DVDを発売することもあるなど仲の良さで知られた。その後共演やツーショットがなくなるなどして「不仲説」が流れた。

 そして昨年三浦さんが亡くなり、佐藤のコメントがなかったことで「不仲説」が加速したというわけだ。

 しかし今回の独立が、その答えと捉える声もある。

「今回の件が三浦さんが関係ないとはなかなか考えづらく、売れっ子である佐藤さんと神木さんが独立したのも、三浦さんの件があったのではと考えるのは自然でしょう。

神木さんは三浦さんが亡くなった際『まだうまく言葉には出来る自信はありませんが、春馬くんの事です。今もただただ悲しいですし、悔しいなどの言葉には表現できない気持ちです』とし、佐藤さんは三浦さんの遺作となる連続ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』の放送前に自身の公式LINEで『一緒にカネ恋みよう』と呼びかけています。

多くを語らない佐藤さんですが、三浦さんの出来事があっての行動は多いようには思いますね」(メディア記者)

 2人の関係への注目は消えない。
(文/河島英五)