佐藤健突如「独立」三浦春馬アミューズ指摘する声も | Social Fill
カルチャースポーツ社会

佐藤健突如「独立」三浦春馬アミューズ指摘する声も

佐藤健突如「独立」三浦春馬アミューズ指摘する声も
socialfill

 俳優の佐藤健が3月21日に32歳の誕生日を迎える。それに先立ち、「Satoh Takeru 32nd Birthday Online Event」が16日に開催された。

 19時にスタートしたイベントだが、あっという間に「佐藤健誕生祭」というワードがトレンド入り。自分の部屋風のスタジオで撮影している。

 すでに「すでにかっこよすぎる」「誕生日おめでとう」と大盛り上がりである。

突然の独立

「映画『るろうに剣心 最終章』も一年越しでの公開が近づいてきましたし、相変わらずの人気で、同世代でもトップといえるでしょうね。

そして同日、ONE OK ROCK、佐藤健さん、神木隆之介さんがアミューズ退所を発表しました。ONE OK ROCKは海外での活動を中心に据えるべく自身の会社『株式会社10969』を設立し、佐藤さんと神木さんはアミューズも出資する新会社『株式会社Co-LaVo』で活動するとのことです。

佐藤さんと神木さんは独立ではなく『子会社化』ということですが、最近の芸能界はこうした動きが本当に多いですね。ジャニーズ事務所を筆頭にさまざまな動きを見せています。

佐藤さんと神木さんは引き続きアミューズのサポートを受けられるのでメディア露出も守られるので一安心ですね。

アミューズといえば昨年7月に三浦春馬さんが亡くなっています。ワンオクのTakaさんと神木さんは追悼のコメントを出し、佐藤さんはコメントこそ出していませんが、三浦さんが出演した『おカネの切れ目が恋のはじまり』の宣伝を自身のLINEで行ったりもしていました。どうしてもその点が気になる人もいるようです。

その辺も関係しているのかどうなのか。今後の情報も気になります」(メディア記者)

 誕生日付近で、このような動きがあるとは驚きだ。
(文/河島英五)