V6「解散飽きた」世間の慣れと「グループ活動なし」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

V6「解散飽きた」世間の慣れと「グループ活動なし」で話題にならず

V6「解散飽きた」世間の慣れと「グループ活動なし」で話題にならず
socialfill

 12日、解散を発表したアイドルグループ「V6」。

 すでに森田剛はジャニーズ事務所退所を決めており、他メンバーはソロで活動することになる。

 グループ結成から25年、これまで何度となく解散危機が叫ばれていたが、ついに現実のものとなってしまった。

 しかし、昨年活動休止となった、その前のSMAP解散などと比較するとそこまで騒がれていないような……。

グループで活動しているイメージが薄すぎ

「そもそもグループで活動しているイメージが薄すぎて、ということはあるかもしれません。過去には『学校へ行こう!』(TBS系)などもあったので、放送が続いていれば惜しむ声もあったでしょうが……。

嵐のようにグループの番組が多くありませんし、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のような番組もありません。個々の活動の方向性もバラバラですしね。

代表曲も20年前くらいのものが多いですよね。世間からも『6人一緒にいたとこ十数年見てない』『グループの冠レギュラー番組すらない』といった声が多いですね。

また『もう解散とかにみんな慣れた』という声もあります。ジャニーズを筆頭に解散や休止の報道がここ最近は多いですからね」(メディア記者)

 これまでとは世間の様子も違うということか。
(文/ザッツ等々力)