キンタロー。バカすぎ侮辱炎上…ホリエモン餃子事件 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

キンタロー。子預け先侮辱炎上…ホリエモン餃子事件と一緒?

キンタロー。バカすぎ侮辱炎上…ホリエモン餃子事件と一緒?
socialfill

 12日、お笑い芸人のキンタロ-。が自身のブログを更新。1歳になる娘が、一時預かり先での散歩中に転倒しケガをした事を、額に傷をつけた娘の画像と共に報告した。

「不甲斐なさすぎる私がついていれば」「女の子のお顔がショックで立ち直れない」「泣けてくる」とし、「うちの両親もいないし頼る所が少なくてこんな時本当に不安になってしまいます」と、自身の不安を明かしたキンタロー。

 娘のケガという母親の心境としては当然の事に「気持ちわかります」「自分を責めないで」など、キンタロ-に気持ちに寄り添う声もあるなか。

預け先へのクレーム

「預かって貰ってここまで晒すの?」「ブログで発信するのは違うのでは」「預け先を追い込むのでは」「預け先のせいみたいで不愉快」など、不安に駆られたとは言え、ブログで預け先を非難するのは違うのではないかと非難の声。

 さらに「仕事セーブして育児に専念したら」「自分で見たほうがいいと思います」「立ち直れないなら、自分自身でお世話するべき」と、預けるという選択肢を除外すべきではと、厳しい声も。

「正直なんで外なのに手を離したのって頭の中モヤモヤもしてしまいました」

「自身の不安な気持ちとしてブログに掲載していますが、世間からは預け先へのクレームとしてとられてしまいましたね。キンタロ-。本人も仕事を辞めてずっと見てる訳にはいかない状況と綴っている割には、相手方へのリスペクトが足りないと言わざるを得ないでしょう。モンスターペアレントの始まりと揶揄する声もありました」(メディア関係者)

 共働き世帯が増え子供を預けざるを得ない家庭も多い中、子供を預かる受け皿の人手不足はもはや周知の事実。

 当然ながら子供にケガをさせて良いとは言わないが、すべての子供に対し完璧なケアが出来る状況ではないという大前提をすっ飛ばして、わざわざブログで発信するべきではなかったのではないだろうか。餃子事件の堀江貴文氏の状況に似ている……。