三浦春馬「気持ち悪い」漫画家エピソードに驚愕 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「気持ち悪い」漫画家エピソードに驚愕と読者反応

三浦春馬「気持ち悪い」漫画家エピソードに驚愕と読者反応
socialfill

 昨年7月にこの世を去った三浦春馬さんが、思わぬ形でニュース(?)になった。

 三浦さんといえば、12日に出演映画『ブレイブ-群青戦記-』が公開され、その演技や存在感に改めて注目が集まっているところだ。

 そんな中「週刊文春」(文藝春秋)が三浦さんに関するニュースを出している。「文春」といえば、三浦さんの実母の独占インタビューや、三浦さんと佐藤健の関係性を掲載して物議を醸していたが、今回はそういった趣ではない。

「三浦春馬さんの珍品」

 記事は『やくみつる「珍品コレクション21選」公開』というもの。漫画家のやくみつる氏が、これまで集めてきた有名人の“珍品”を紹介する記事なのだが、その中に「三浦春馬さんの珍品」もあったのだ。

「三浦さんが単独で表紙を飾っている『an』にサインをしてもらったようです。

『三浦春馬さんはバラエティ番組でご一緒した時、とても快くサインをしてくれたのを覚えています』とやくさんも発言しています。

三浦さんがサインを嫌がらなかったエピソードに『さすが春馬くん』という声があるのも事実ですが『そもそもanじゃなくて三浦春馬はタウンワークでは』という過去のCM出演でのツッコミや、芸能人の煙草の吸い殻や使用済みストローなどを集めるやくさんが単純に『気持ち悪い』という声もありましたね……」(メディア記者)

 三浦さんの名前がタイトルにあるから読み進めてしまった人もいたようだ。
(文/田中陽太郎)