岸谷五朗「三浦春馬に触れず」寺脇康文も語らずでヒンシュク | Social Fill
カルチャースポーツ社会

岸谷五朗「三浦春馬に触れず」寺脇康文も語らずでヒンシュク続く

岸谷五朗「三浦春馬に触れず」寺脇康文も語らずでヒンシュク続く
socialfill

 ブロードウェイミュージカル『The PROM』日本版初演を、岸谷五朗と寺脇康文率いる「地球ゴージャス」が手掛ける。

 すでに葵わかな、三吉彩花らの出演が決まっており、岸谷や寺脇もメディアの取材を受けている。

 岸谷は「ぴあ」の取材に「つらい時に、ひとりでも心を豊かにするのが、演劇やエンタテインメントの役割」「明日への勇気や生きることの元気のようなものを絶対渡せると思うので、ぜひ勇気を振り絞って、観に来てください」などとコメント。寺脇も岸谷を「人生に楽しむうえで欠かせないパートナー」などと「週刊女性」(主婦と生活社)のインタビューで語ってもいる。

俳優の三浦春馬さんの件

 長らく「地球ゴージャス」で活動していた2人。しかし最近は「アノ件」もあり、厳しい意見が多くある。

「『地球ゴージャス』に頻繁に出演していた、俳優の三浦春馬さんの件です。

昨年7月に急逝しましたが、同じアミューズで舞台をともにしていた岸谷さんや寺脇さんは発言せず。チャリティーイベント『AAA』の発表でようやく三浦さんに触れた程度でした。

この動きに対し『春馬くんが、いなくなった日からこの人達、、みんな受け入れられない。悔しくて仕方ない』『可愛い後輩であり“家族”でもある三浦春馬を守ろうとしなかった岸谷、寺脇は視界に入るだけでも不愉快』『箝口令が引かれてるのか、保身の為か、あまりにも春馬君が不敏に思えて仕方ないし、悔しい』などというコメントが多いです。あまりにも三浦さんに冷たいのではないか、と。

寺脇さんは『2020年の「地球ゴージャス」結成25周年は、記念公演がコロナ禍のためわずか8公演で中止になり「非常に悔しかった」』と発言していますが、ファンからすれば『2020年は三浦春馬くんの件ではないのか』という意見もあります」(メディア記者)

 当分、この2人には厳しい意見が降り注ぎそうである。
(文/河島英五)