三浦春馬「知られざる震災支援」竹内結子は熊本で | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「知られざる震災支援」竹内結子は熊本で…10年の真実

三浦春馬「知られざる震災支援」竹内結子は熊本で…10年の真実
socialfill

 昨年7月に亡くなり、今なお多くのファンがその死を悼んでいる俳優の三浦春馬さん。

 12日には出演する映画『ブレイブ-群青戦記-』が公開され、2ndシングル「Nigh diver」の再生回数は伸び続け、主演映画『天外者』はロングラン上映と、亡くなってから8カ月近くになっても、注目度は衰えていない。

知られざる被災地支援

 そんな中、3月11日になった。2011年の東日本大震災から節目の10年が経過し、多くのメディアがこの件に関する報道を数多く出している。

 節目の年ということで著名人もインタビューに応えているが、ファンの間では「春馬くんも……」という声がある。

「三浦さんも、東日本大震災の被災地へ自ら足を運び復興の様子を見守りながら現地の方々とのお話をされていたそうです。三浦さんは被災者に触れ合う中で『未来』『継承』を意識されたそうです。

残っている三浦さんのコラムでは、気仙沼の企業に取材し『みんなが苦しく気持ちが沈んでいるという先入観は間違っていた、現実と向き合い、前を向いていたと教えてもらった』『言葉にしなくても心で手を取り合っていたような、そんな瞬間を東北の人たちは生きてきたんだなということを強く感じた』などとコメントしています。

昨年亡くなった竹内結子さんも、2016年の熊本地震の被災地支援を続けていました。現地にお忍びで足を運び、被災者と交流もされていたようです。いい人たちから先に亡くなってしまいますね……」(メディア記者)

 節目の日に、さまざまことを思い出す人もいたようだ。
(文/河島英五)