新田真剣佑「三浦春馬と佐藤健横断」映画続けて共演の裏 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

新田真剣佑「三浦春馬と佐藤健横断」映画続けて共演の裏側とは

新田真剣佑「三浦春馬と佐藤健横断」映画続けて共演の裏側とは
socialfill

 新田真剣佑主演映画『ブレイブ-群青戦記-』が、3月12日に全国公開される。

 同作は戦国時代にタイムスリップした高校生たちが、歴史上の偉人たちと合戦で戦い、仲間を救い出すというもの。原作マンガも人気である。

 若手の人気俳優を多く起用していることでも注目だが、今作には昨年7月に亡くなった三浦春馬さんが出演していることも、話題になっている理由の一つだろう。三浦さんは後の徳川家康という重要な役どころだ。

多くの場面で三浦春馬さんへのリスペクトを

 真剣佑は「俳優を志したきっかけが三浦春馬さん」「憧れ」と『ブレイブ』の取材に限らず多くの場面で三浦さんへのリスペクトを語っています。今回の映画でも公式インスタグラムで2人のオフショットなどが数多く公開され、ファンも沸き立っている。

 三浦さんとの絆を感じさせる真剣佑。実は彼、同じくアミューズの「アノ俳優」とも共演している。

「4月公開の『るろうに剣心』で、佐藤健さん演じる緋村剣心の最後の敵、雪代縁を真剣佑さんが演じています。三浦さんと佐藤さん、アミューズ同世代のトップ俳優と続けて共演しているわけですね。

真剣佑さんは今後アメリカで活動をすることが発表されていますが、三浦さん、佐藤さんと重要な役どころで共演できたのは財産になるでしょうね。

三浦さんと佐藤さんの関係も含め、その点も注目されています」(メディア記者)

 真剣佑にとって貴重な二本の映画になりそうである。
(文/城島信二)