指原莉乃P「売春」=LOVE佐竹のん乃逮捕も | Social Fill
カルチャースポーツ社会

指原莉乃P「売春」=LOVE佐竹のん乃逮捕も…ブレイク寸前のパパ活

指原莉乃P「売春」=LOVE佐竹のん乃逮捕も…ブレイク寸前のパパ活
socialfill

 高級交際クラブでのパパ活報道で、思い出されるアノ発言。

 9日、文春オンラインにて指原莉乃プロデュースのアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」のメンバー佐竹のん乃(22)による交際クラブでのパパ活を報じた。

 詳しくは文春オンラインの報道をご覧いただきたいが、現場写真と関係者のコメント共に交際クラブで佐竹を紹介するメールの内容まで報道、「希望10」という肉体関係をほのめかす内容まで露見する始末。

 報じられた内容では、少なくとも2月と3月にそれぞれ別の男性とパパ活をしていたと報じているが、所属事務所は「個室で食事をしていただけ」と本人の確認をとったというが、さすがにネット上の声はそのコメントを鵜?みにする訳もなく。

イコールラブはもう厳しい

「パパ活って言葉使ってるけど売春じゃないの?」「アイドルの闇」「イコールラブはもう厳しい、パパ活イメージがついてしまった」「これは解散だろ」「指原どうすんの?」など、佐竹だけではなく他のメンバーや、プロデュースした指原にまでトバッチリが。

 元々アイドルオタクだった指原が夢だったというアイドルプロデュース、その夢の結晶から買春疑惑に繋がるパパ活報道とは何とも言い難い。

 当の佐竹は6日に卒業コンサートを行い、今月いっぱいで同グループから卒業する事になっているが、残されたメンバーからしてみれば、とんでもない風評被害の置き土産付きだ。

 ただ、小遣い稼ぎでこれまで積み上げてきたものを不意にしてしまった。と言えばそれまでだが、その小遣いを「稼がなければならない状況」だとしたら……。

「そんなに稼げないのか」
「岡村の発言を思い出した」

 昨年ナインティナインの岡村隆史が、オールナイトニッポンで新型コロナウイルスの影響で仕事をなくした女性が金銭的にひっ迫し、風俗店で勤務するのではないかと発言し炎上。

 今回の佐竹の報道は、奇しくも岡村の炎上発言が現実になってきたのではと感じた人も少なからずいたようだ。
(文/神奈川仁)