加藤浩次終了「宮迫博之のせい」吉本反乱の貧乏くじ | Social Fill
カルチャースポーツ社会

加藤浩次終了「宮迫博之のせい」吉本反乱の貧乏くじに…

加藤浩次終了「宮迫博之のせい」吉本反乱の貧乏くじに…
socialfill

 極楽とんぼの加藤浩次が、吉本興業とのagent契約を3月末で解消することがわかった。

 加藤は2019年夏の“闇営業”問題に対する吉本興業の対応を批判し「今の社長、会長体制が続くのなら俺は吉本興業を辞める」と発言。その後吉本とはエージェント契約という形で落ち着いていたが、この度完全に吉本を離れることになった。

「アイツのために反乱したと思うともったいない」

 世間からは「吉本を激しく非難した仕返しがゆっくり、確実にやってくる」「吉本も本腰を入れて潰しに来るでしょうね」「加藤の乱に対する吉本興業の報復」など、今後加藤は苦しい状況に追い込まれるのではないか、という声が多数だ。

 また、もともと吉本をやめるつもりだっただけに、その瞬間が訪れただけ、という声もある。いずれにせよ『この差って何ですか?』『スーパーサッカー』(TBS系)が終了もしており、加藤の動きもあるからこそではないか、という見解もある。

 色々と双方の思惑はあるのかもしれないが「アイツのために反乱したと思うともったいない」という声もある。

「雨上がり決死隊の宮迫博之さんですね。闇営業問題でもっとも叩かれ、その後吉本とも縁が切れてしまった宮迫さん。

加藤さんは宮迫さんを含め闇営業に関係した芸人を守り、吉本の対応を批判しました。しかし、宮迫さんはその後YouTuberで、世話になった事務所に泥を塗るような行動を連発し、世間からも反感を買っています。

宮迫さんにかばう価値もなかったのでは、ということですね」(メディア記者)

 加藤も貧乏くじだったのだろうか。
(文/城島信二)