佐藤健「三浦春馬と約束」から10年…切なすぎる関係性 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

佐藤健「三浦春馬と約束」から10年…切なすぎる関係性とは

佐藤健「三浦春馬と約束」から10年…切なすぎる関係性とは
socialfill

 昨年7月に亡くなり、今も多くの人がその急逝を惜しんでいる俳優の三浦春馬さん。

 12日には映画『ブレイブ-群青戦記-』の公開も控えており、徳川家康役で出演している。切ない部分もあるが、今でも「新しい三浦春馬」を楽しむことができるのは、ファンとしては喜ばしいことだろう。

 また、長らく親交があり同事務所の人気を二分していた俳優の佐藤健主演『るろうに剣心』の新作映画も4月に公開を控えている。新型コロナウィルスで上映が1年遅れたが、満を持しての公開ということになる。

世間でいうところの「不仲」がどこまであったのか

 お互い20歳そこそこの頃から売れっ子として活躍しており、それだけに三浦さんが亡くなった際には佐藤への注目も大きく集まった。

 佐藤が三浦さんに関し言及をしないことで批判も噴出し、以前からあった「不仲説」も再燃した。ある次期から2人が一緒にいる場面がパタッとなくなったことで、このウワサが浮上したのである。

 2人ともいい大人であり、世間でいうところの「不仲」がどこまであったのかは謎のままだ。

 ただ、2010年代の仲の良さは本当だったのは確かなようで……。

「佐藤さんと三浦さんは2011年の『女性自身』(光文社)の対談で『10年後くらいに夫婦でWデート旅しよう』と約束していました。

2人ともトップ俳優として多忙を極めている中で、会う機会も少なくなったということではないでしょうか。事務所イベントの撮影の動画で談笑している場面もありました。

2人の仲は2人にしかわからないもの。人気俳優だけに気になるのは理解できますけどね」(メディア記者)

「約束」から10年が経過した。何とも切ない話ではある。
(文/城島信二)