三浦春馬「誕生日ひと月」疑念深まる「インスタライブ」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「誕生日ひと月」疑念深まる「インスタライブ」とは

三浦春馬「誕生日ひと月」疑念深まる「インスタライブ」とは
socialfill

 昨年7月にこの世を去った三浦春馬さんに関し、今も多くのファンがその突然の死を悼んでいる。

 あまりにも唐突な、兆候もない不可解な自死に衝撃を受ける人も少なくはなく、それが所属事務所アミューズへの疑念や憶測、デマへもつながってしまった。

 5日には出演していたドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)のDVD・Blu-rayボックスが発売になり、特典映像も含めすでに大きな話題になっている。

誕生日が4月5日

 ファンとしても『カネ恋』は、生前三浦さんが最後に撮影していた作品。4話に再編集されての放送になるなど、複雑な思いになる作品だ。購入したものの「まだ見られない」といった声も少なくない。

 3月5日というのが偶然だったのか、三浦さんの「重要な日」に近い点が気になる人も多いようだ。

「三浦春馬さんの誕生日が4月5日、ちょうど1カ月後になります。『もう誕生日か』『改めて悲しい』といった声も多く出ています。

三浦さんは昨年の誕生日、初のインスタライブをしていました。『初めてのインスタライブでの緊張』も語っていましたが、ファンとの交流を楽しんでいました。

動画の後半では『言い足りない事、楽しみな情報はまたアミューズのHPなどで』とも語っています。当時の発言などを見ると、今亡くなってしまっていることが本当に信じられません。

すでにファンの間では4月5日に向けた運動なども起こっています。いつまでも忘れられない存在ですね……」(メディア記者)

 昨年の今ごろは、こんな状況になっているとは誰も思わなかったに違いない。
(文/城島信二)