三浦春馬『カネ恋見れない』DVD発売でファン悲痛 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬『カネ恋見れない』DVD発売でファン悲痛な理由

三浦春馬『カネ恋見れない』DVD発売でファン悲痛な理由
socialfill

 3月5日、女優の松岡茉優主演『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)のDVD・Blu-rayボックスが発売され、大きな話題になっている。

 昨年7月に亡くなった三浦春馬さんがメインキャストで出演しており、「亡くなる直前まで撮影していた」作品でもある。作品は4話に短縮して放送された。

 作品の放送中には、三浦さんが「激ヤセしている」という指摘や、演出面などの疑惑もあり、騒ぎにもなった。

 しかし、当然ながら今回のDVD発売を心待ちにしていたファンもいる。特典映像への反響も大きく「作品を完成させてくださり、愛の詰まった特典映像も作ってくださり、こうして受け取ることができたことに感謝の気持ちでいっぱいです」「放送して下さったこと、円盤化して下さったこと、感謝しかありません。私にとって本当に大切な作品です」「カネ恋に関わった全てのみなさんに心から感謝しています」などと意見があふれている。

 一方で「見ることができない」という人も……。

「撮影という意味では三浦さんの“最後の作品”ですからね。ファンの中では、まだ辛くて見ることができないという人も多いようです。

『直ぐには見れないかもしれないけど、春馬くんが一生懸命演じてくれた最後のドラマだからやっぱり持っていたい』『まだ映像は見れない』『全く見れる気がしません。つらくて見れない、特に4話なんて』『買っても、直ぐは見れないかな』といった声が多いです。やはり、まだ辛いファンは多いのも自然ですね」(メディア記者)

 三浦さんの存在の大きさを感じさせる話ではある。
(文/城島信二)