三浦春馬「まだ最後の映画ある」竹内結子と共演の“キセキ” | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「まだ最後の映画ある」竹内結子と共演の“キセキ”とは

三浦春馬「まだ最後の映画ある」竹内結子と共演の“キセキ”とは
socialfill

 昨年、突如亡くなった、俳優の三浦春馬さんと女優の竹内結子さん。

 2人の続けざまの訃報は世間に大きな衝撃をもたらし、さまざまな情報や憶測も浮上するなど、ネットを中心に世間も芸能界も大きなパニックとなった。

 そんな中、三浦さんは最後の出演映画『ブレイブ-群青戦記-』の公開が12日に迫っており、「憧れ」と語っていた新田真剣佑との関係性や秘蔵写真などがSNSで話題にもなっている。竹内さんのほうは、亡くなってからの出演作がほとんどなく、徐々に情報が少なくなっている状況だ。

確実に2人が注目を浴びる瞬間が

 ただ、今年から来年にかけ、確実に2人が注目を浴びる瞬間がある、といわれている。

「映画『コンフィデンスマンJP』の第三弾ですね。三浦さんも竹内さんもこの作品に1作目、2作目と出演しており、3作目は『中心的役割だった』という話もあります。

重要な出演者が2人も亡くなったことで主演の長澤まさみさんもショックを受け、一時は製作中止のウワサも流れましたが、そろそろ撮影が開始されるのではといわれています。

3作目には、三浦さんと竹内さんの未公開シーンが放送されるのでは、という情報も流れており、再び2人が脚光を浴びる瞬間があるかもしれません。

三浦さんも竹内さんも、ファンからすればいつまでも忘れられない、忘れたくないに違いありません。映画完成が待たれるところです」(メディア記者)

 2人の共演作の可能性が残されているのは、奇跡といえるかもしれない。“新たな姿”を見たい人は本当に多い。
(文/城島信二)