三浦春馬「滑舌と激ヤセヤバい」カネ恋DVD「特典」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「滑舌と激ヤセヤバい」カネ恋DVD「特典」が辛すぎる

三浦春馬「滑舌と激ヤセ」カネ恋DVD「特典」が辛すぎる理由とは
socialfill

 俳優の三浦春馬さんが亡くなって、すでに半年以上が経過しているが……。

 世間では現在、最後の出演映画『ブレイブ-群青戦記-』の公開に多くのファンが注目されている。主演の新田真剣佑との写真が大きな反響を呼ぶなど、まだまだ三浦さんに視線は集まっている。
 
 ただ、三浦さんの亡くなったショックは全く消えていない。先日も実母が「週刊新潮」(新潮社)に対し、息子への思いや所属事務所アミューズを攻撃するような告白をし、大きな話題となったばかりだ。

 実母の話もあって、再び三浦さんの死の謎などにも注目が集まっている状況だ。ファンとしては、亡くなった際の疑問などで所属事務所アミューズへの疑問がいつまでもあるままだ。

 また、3月5日には、また再燃する疑惑があるのではないか、といわれている。

亡くなったのは『カネ恋』の撮影中

「同日には、昨年放送された『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)のDVD&Blu-rayが発売となります。

このセットには『特典映像』も多くあり、撮影の様子やインタビューなども収録されているようですが……。

三浦さんが亡くなったのは『カネ恋』の撮影中で、死去後に4話に短縮されて放送されています。そこでの痩せ細った様子や、ドラマでの演出が『いじめなのではないか』という疑惑まで浮上するなど炎上。演出家のSNSにファンからの攻撃もありました。

今回の特典映像でも三浦さんは明らかに激ヤセしていましたね。撮影中では笑顔ですが、YouTubeにあがっているDVD&Blu-rayのPR動画を見るに、かなり滑舌も悪いのも伝わってきます。

すでに騒ぎになったドラマだけに、今回の発売でまた騒ぎにならないといいのですが」(メディア記者)

 最後の撮影作品だが、ファンにとっては地雷のような作品で……。
(文/堂島俊)