» 小室圭「弁護士なれない」確定…大学閉鎖と「多額生活費」の行方
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • 小室圭「弁護士なれない」確定…大学閉鎖と「多額生活費」の行方

小室圭「弁護士なれない」確定…大学閉鎖と「多額生活費」の行方

小室圭「弁護士なれない」確定…大学閉鎖と「多額生活費」の行方
photoAC

 秋篠宮家の長女眞子さまとの結婚が「決定」とならず、米国で動くことができないでいる小室圭さん。

 小室さんは米国のフォーダム大学に留学して1年半がすでに経過しているが、目指す億歳弁護士資格取得に向けてはまだまだ時間がかかる。試験に受かり、経験を積み、一人立ちするまではあと「3~4年」はかかるのではないかという意見もあるほどだ。

 そんな果てしない道のり、いつまで眞子さまを待たせるのかという話でもあるのだが、新型コロナウイルスの影響により学校も寮も閉鎖されている状況。当然、今後のカリキュラムや司法試験の予定にも影響があるだろう。

小室さんは就職できない

「ただでさえ国民から厳しい目で見られている小室さんですが、一人前になる道にもコロナという大きな障害が出てきてしまいました。

今後就職する法律事務所を決める上でも重要な『夏のインターン』もコロナ禍の今では絶望的。そもそも世界経済がどうなるかわからない状況を考えると、就職できるかも怪しいものです。

実際、コロナ禍が収まるまでは、いや収まってからもしばらくは採用も狭まる可能性が高いでしょうし、小室さんの就職活動の競争率は高くなる可能性も十分あります。どんどん先行きが不透明になっているのは、小室さんも同じということですね」(メディア記者)

 司法試験の予定が崩れ、就職の予定も見えず……当初の予定と大幅に変わった小室さんに焦りはあるのだろうか。