バンプ朝ドラ「不倫関係なし」SONGS出演が布石 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

バンプ朝ドラ「不倫関係なし」SONGS出演が布石の理由

バンプ朝ドラ「不倫関係なし」SONGS出演が布石の理由
socialfill

 来期朝ドラ主題歌担当で「紅白」期待の声も、立ちはだかる不倫メンバーのハードル。

 5月スタートのNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の主題歌をBUMP OF CHICKENが担当することが、同曲より発表された。

 発表に際し、BUMP OF CHICKENからは「大変光栄に思います」「ドラマの制作スタッフの皆様の作品づくりにかける思いを聞かせていただく機会があり、その熱量に一同強く心を打たれ、共感しました」とし、「このドラマを視聴者の皆様の朝にお届けするときに僕らの楽曲「なないろ」が少しでもそのお役に立てたらと思います」と、楽曲に対する思いを伝えた。

「SONGS出演はこの布石だったのか」

 この報道に「朝ドラの主題歌めちゃくちゃ楽しみ」「朝からバンプが聞けるなんて幸せだなー」「楽しみが増えた」「放送開始が待ち遠しい」「こんな嬉しいお知らせありません」など、ファンからは喜びの声。 

 さらに「SONGS出演はこの布石だったのか」「ソングスに出ていたのはそういう事だったのね」「朝ドラ主題歌決定フラグ」など、先月27日に放送された「SONGS」(NHK)に出演していた理由が分かったと納得するファンも。

 また「バンプ紅白に出るの?」「紅白出場濃厚か」「紅白内定」「できたらもう一度紅白に出て欲しい」などファンが期待するのは朝ドラ主題歌から紅白出場の流れ。

 過去の紅白を見ても、朝ドラ主題歌を担当するBUMP OF CHICKENの出演は既定路線とも言えそうだが。

「NHKも不倫メンバーがいて、よく起用に踏み切ったな」

 と、昨年9月に文春オンラインで過去の不倫を報じられ、音楽活動を休止しているベースの直井由文の存在に触れた意見も。

「昨年末の紅白歌合戦に、これまで覆面活動をしていた「GReeeeN」が拡張現実を使用した顔出し演出で初出場したことからも、朝ドラ主題歌担当から紅白出場は当然の流れでしょう。それでも公共放送であるNHKが、活動休止中とは言え不倫を連想させてしまうメンバーがいるBUMP OF CHICKENを起用した事に少なからず批判がでるのは当然でしょう」(メディア関係者)

 前述のSONGS出演に対しても「いつか4人で」「3人だと寂しい」など、一部ファンからは直井復帰を望む声も見られたが、そんなファンの気持ちとは裏腹に、NHK側からすれば直井復帰の動向は、BUMP OF CHICKENの紅白出場に世論からの批判を集めるただのハードルでしかないのかもしれない。
(文/河島英五)