『天国と地獄』は浦沢直樹作品!? 綾瀬はるか視聴率抜群 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 『天国と地獄』は浦沢直樹作品!? 綾瀬はるか視聴率抜群も“類似点”が

『天国と地獄』は浦沢直樹作品!? 綾瀬はるか視聴率抜群も“類似点”が

『天国と地獄』は浦沢直樹作品!? 綾瀬はるか視聴率抜群も“類似点”が
socialfill

 綾瀬はるか主演『天国と地獄』(TBS系)の7話視聴率が14・7%(ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。

 同作は女性刑事と連続殺人鬼が「入れ替わる」物語で、多くの謎を解き明かしていくミステリー。7話で徐々に物語の全容が明らかになっていくが、それでも「まったく展開が読めない」として、大きな話題だ。

「あのマンガ作品を思い出す」

 視聴率も高水準をキープしており、内容の評判も上々。綾瀬と高橋一生の「入れ替わり演技」の評価も高い。

 一方、ここまでの物語でキーとなっている「漫画」や「双子」の存在が「あのマンガ作品を思い出す」という声もある。

「浦沢直樹さん原作の『MONSTER』ですね。ビッグコミックで1999年代後半から連載されていた作品です。

天才医師の主人公が、銃で撃たれた子どもを助けるのですが、その少年が多くの人間を殺す“モンスター”で、助けた医師が、少年の双子の妹とともに行方を追うストーリー。連載当時は多くの反響がありました。物語の鍵を握るのが“絵本”でしたね。

無論『天国と地獄』が『MONSTER』をパクっている、というほどではなく、細かな設定だけが類似しているというだけのことです。

どちらも多くのファンを獲得していますし、謎が謎を呼ぶ展開はやはり面白いですよね」(メディア記者)

 名作というのは、類似する部分も多いということか。
(文/城島信二)