松本人志「常盤貴子忖度」ワイドナショー反響の裏側 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

松本人志「常盤貴子忖度」ワイドナショー反響の裏側と放送は…

松本人志「常盤貴子忖度」ワイドナショー反響の裏側と放送は…
socialfill

 過去の交際女性に対する忖度指摘に世間からは好印象の声も。製作サイドの体質に疑問。

 28日「ワイドナショー」(フジテレビ)で、ロンドンブーツ1号2号の田村淳を皮切りに歌手の五木ひろし、俳優の斎藤工、女優の玉城ティナなど相次ぐ芸能人の聖火ランナー辞退について取り上げた。

 聖火ランナー辞退の報道に関しては、女優の常盤貴子も辞退と報じられていたが、当初「ワイドナショー」では触れていなかったのだが。

「これだけ辞退辞退って、いろんな人が辞退しているのに常盤さんを入れない忖度が、僕はちょっと気持ち悪い」

自身と過去に交際報道があった常盤

 ダウンタウンの松本人志(57)が、自身と過去に交際報道があった常盤の名前を出さない番組側の忖度が気持ち悪いと指摘。

 結果的に松本自身の口から常盤に対する指摘がされた事で、余計に悪目立ちしてしまい、「まっちゃんが常盤さんて言った」「まさか自ら触れるとは」「常盤貴子の話をぶっこんで来るとは」「ネットニュースになる」など、ネット上に反響が。

「過去の恋愛も気軽にネタにできるようになったんだな」
「今の若い人知らないだろ」
「付き合ってたの忘れてた」