» 宇垣美里「箕輪厚介を断罪」セクハラのウワサは以前から
カルチャースポーツ社会

宇垣美里「箕輪厚介を断罪」セクハラのウワサは以前から

 フリーアナウンサーの宇垣美里が、幻冬舎の編集者・箕輪厚介を糾弾した。

 箕輪は「多動力」など多数のベストセラー書籍の仕掛人で、最近はテレビコメンテーターとしても数多く出演。オンラインサロンの運営などでも話題だが、先日「週刊文春」(文藝春秋)で「記者へのセクハラ」を暴露された。

 暴露には「関係を求めるLINE」も公開されており、世間から批判が殺到中。箕輪はしれっとテレビ番組出演を継続しており、それもまた炎上を強めている。

 そんな中、宇垣がラジオ番組『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ)に出演。宇垣は箕輪のLINEについて「見本のようなクソLINE」と一刀両断した。

 箕輪の誘いを何とか受け流そうとする女性のLINEも公開されており、これに関し宇垣は「(女性側が)どれほど気を遣って、笑いに持っていこうと、セクハラを流そうとしているのかを見たら泣いてしまいそうになった」と言及。

 これに関し世間も反応。「箕輪、気持ち悪いな」「このLINEはさすがにまずいよな」と宇垣の意見に賛同する声が多い。立場が上の箕輪が無理に関係を迫った点が、やはり大きな問題という意見が大半だった。

セクハラのウワサは以前から

「宇垣さんは時折『ストレートな毒舌』で話題になるタイプですが、今回も火を噴きましたね。局アナ時代に『コーヒーぶちまけ疑惑』も出ましたし……。