嵐松本潤「葵つかさ想起」大河主演で…記事に批判 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

嵐松本潤「葵つかさ想起」大河主演で…記事に批判の理由

嵐松本潤「葵つかさ想起」大河主演で…記事に批判の理由
socialfill

 再来年の大河ドラマ『どうする家康』(NHK)で主演を務める嵐の松本潤

 発表時から注目を浴び、大河主演という大役にファンの反応も様々ではあるが「東京スポーツ」が報じた「問題」に怒りの声が噴出している。

 記事によれば、演じるのが徳川家康ということで、徳川の「葵の御紋」に」話が及び、松本と過去に男女関係があった女優の「葵つかさ」を連想させるというものだ。

 葵と松本は2016年に交際が報じられたが、当時松本は女優の井上真央と「結婚間近か」ともいわれており、その二股交際疑惑によって世間から大きなバッシングを受けたことがある。

『居酒屋トークを記事にするな』

 その後、葵には脅迫めいた攻撃が相次ぎ、井上とも破局報道が出るなどゴタゴタ続きだった。落ち着くまでリアルに数年ほどかかったという印象すらある。

 ただ、今回の「東スポ」記事にはさすがに世間も呆れたようだ。

「『居酒屋トークを記事にするな』『元カノと大河とか全然関係ないし』『こじつけにも程がある』など、厳しい意見が並びます。さすがに下らないですね……」(メディア記者)

 葵などずいぶん前の話。蒸し返しもし過ぎに注意か。
(文/ジェシー中目黒)