宮迫博之「異常ファン」テレビ復帰絶望の誹謗中傷 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

宮迫博之「異常ファン」テレビ復帰絶望の誹謗中傷に本人も焦り?

宮迫博之「異常ファン」テレビ復帰絶望の誹謗中傷に本人も焦り?
socialfill

 テレビ復帰への道断絶?決定づけたのは、自身のファン行動か。

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之テレビ復帰が、いよいよ決定的に閉ざされるのではと噂されている。

 事の発端は同チャンネルで公開された島田紳助の登場回に対し、今田耕司が「特盛!よしもと今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)で、「ユーチューバーのやり方なんでしょうね」「芸人やったらやらへんやり口なんですよ」など宮迫に対し苦言を呈した件。

 さらに復帰を画策する宮迫に「できることなら戻れるようにしたいけど、そこの心を折られる」と、宮迫のテレビ復帰への助力を打ち切りと取れる発言まで飛び出した。

 この今田の発言がネットニュースとして飛び交うと、宮迫のファン達は黙っていられなかったようで、今田のYouTubeチャンネルに動画に関係ない中傷コメントなどが多数書き込まれる事態となった。

 これに対し、宮迫が自身のYouTubeチャンネルを更新。

「やめましょう、そういうこと」

「報道を受けて皆様にお伝えしたいことがあります」とした動画を公開し、「僕のファンなんですかね」「コメント欄に飛んで行って心ない事を言う方がたくさんいる」「中には辛辣な事、的外れな事で怒っていらっしゃる方もいると聞いた」「やめましょう、そういうこと」とファンに自制を求める結果となった。

「中傷コメントの書き込みをしたのが、本当に宮迫のファンだとしたら完全に逆効果ですね。先輩に対し強く反論できないであろう宮迫に代わって断罪したと思っているのかもしれませんが、この一件で宮迫と関わるのは損だと判断するタレント、業界関係者も多いでしょう」(メディア関係者)

 元々、テレビ復帰の第一歩は「アメトーーク!」と語っていた宮迫だが、自身のYouTubeチャンネルでその発言を撤回するなど、テレビ復帰になりふり構わない様子。

 それでも本人の願望とは裏腹に本格的なテレビ復帰には至っておらず、足踏み状態だった訳だが、今回のファンの行動は復帰可能性を断絶するのには充分すぎたかもしれない。
(文/鎌倉湘南)