» 三浦春馬「母だけ悪者」流れに疑問…印象操作の声も
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「母だけ悪者」流れに疑問…印象操作の声も

三浦春馬「母だけ悪者」流れに疑問…印象操作の声も
socialfill

 2月22日、「FRIDAYデジタル」(講談社)が、2020年7月に亡くなった三浦春馬さんについて、水面下で動いている様々な問題がテレビで報道されない理由を報じた。

 同サイトは、18日に「週刊新潮」(新潮社)が「実の告白」として、実母が金で揉めたことがないこと、実父との遺産相続について答えたインタビューを取り上げた。

 さらに、この騒動がテレビやスポーツ紙といったメディアで報道されない理由として、テレビ局関係者が「三浦さんの死後1週間ほどが経った頃に事務所の関係者から三浦の訃報に関して、ニュースに取り上げないで欲しいとお願いがあった。事務所の許諾がないと、画像や映像を使えないため、二度と取り上げることはできない」と明かした。

 ファンからは、「何が真実かわからない」「印象操作されすぎて何がなんだか」という声が上がっている。テレビが報道したからといって、もはやその内容が真実かはわからない。未だに闇の中にある三浦さんの死の真相や遺産相続などについて、ファンは真相が明らかになるのを待っている。