綾瀬はるか「大沢たかお想起」天国と地獄高視聴率も「演出」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

綾瀬はるか「大沢たかお想起」天国と地獄高視聴率も「演出」が…

綾瀬はるか「大沢たかお想起」天国と地獄高視聴率も「演出」が…
socialfill

 綾瀬はるか高橋一生のW主演『天国と地獄』(TBS系)の6話が21日に放送され、平均視聴率が14・7%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)だったことがわかった。

 初回16.8%から5話までは右肩で下がっていたが、ここへ来て再浮上。綾瀬と高橋の入れ替わりミステリーだが、新たな謎や疑惑が浮上し視聴者も大盛り上がりだった。

 今後の視聴率上昇も十分に期待できる内容といえるだろう。

「綾瀬さんの高橋さんの演技や魅力はもちろん、溝端淳平さんや柄本佑さん、北村一輝さんら脇を固めるキャストも隙のない演技で物語を引き立てています。

また森下佳子さんの脚本にも絶賛の声が相次いでいます。謎が謎を呼んで展開予想もできない状況に『さすがは森下さん』といった声が相次いでいます。

これまで森下さんは綾瀬さんと『白夜行』『JIN-仁-』『義母と娘のブルース』(いずれもTBS系)で組んでおり、ヒットコンビという印象もあります。すでに成功という感じですが、どこまで視聴者を増やせるのか注目ですね」(メディア記者)

 そもそも期待値の高い綾瀬×森下作品だが、今回も期待に違わぬ評判になっている。