三浦春馬「さんまに告白」母の関係と「実父闘争」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「さんまに告白」母の関係と「実父闘争」の行方

三浦春馬「さんまに告白」母の関係と「実父闘争」の行方
socialfill

 昨年7月にこの世を去った俳優の三浦春馬さんに関し、実母の「告白」が話題を呼んでいる。

「週刊新潮」(新潮社)が実母への独占インタビューを実施。その内容は、三浦さんが家族関係や所属事務所アミューズとの契約、役作りの大幅減量などで数年前から心身のバランスを崩していたことが語られている。

 アミューズと敵対するかのような記事内容ではあるが、その後報じられた「週刊女性」(主婦と生活社)は、『三浦春馬さんの「遺産と遺骨」手にする実母、“死人に口なし”でしゃべり倒す違和感』と題し、「新潮」に対して実母が語った「離婚し、先日亡くなった実父」についての発言にも注目している。

 実母は実父の死を悼みながらも、三浦さんの葬儀の際に内縁の妻を連れてきたことやその後「遺産」について弁護士を立ててきたことなどを恨みがましく語っていたことに触れている。

「新潮」がどういった意図でこうした記事を出したのかは定かではないが、世間からすればいろいろと思う部分もあるようだ。