» ファーストサマーウイカ「受け流す免震構造」熱弁の裏の顔
カルチャースポーツ社会

ファーストサマーウイカ「受け流す免震構造」熱弁の裏の顔

ファーストサマーウイカ「受け流す免震構造」熱弁の裏の顔
socialfill

 18日に「オリコンニュース」が、ファーストサマーウイカさんのソロ歌手デビューについてインタビューした内容を配信した。

 記事には、2019年12月末に解散したBILLIE IDLEに在籍していた当時から、ウイカさんの歌声はパンチが効いていて歌唱力も高いと評価されていたこと、音楽は精神衛生上なくてはならないものだとウイカさんが語っていることなどが綴られているのだが……。

「ソロデビュー曲の、歌詞としては出てこないタイトル、『カメレオン』というワードに込められているウイカさんの想いとしては『人は誰しも多面性を持っていて、接する相手によって見せる顔が違うこと。自身のカメレオンぶりをウイカさんは認めつつ、それをネガティブな“ブレ”と捉えるのではなく、うまく受け流す“免震構造”だと前向きに捉えている』という旨のことを語っていますね。

 ネットが発達した現代においては、必要以上に心ない誹謗中傷が、特に芸能人に対しては届きやすい環境にあると思います。

 その中では、きっと“免震構造”は重要な役割を果たしてくれることでしょう。