» GACKT「行方不明の犬多数」怖すぎの裏…ファッション説も
カルチャースポーツ社会

GACKT「行方不明の犬多数」怖すぎの裏…ファッション説も

GACKT「行方不明の犬多数」怖すぎの裏…ファッション説も
socialfill

 GACKTが自身のYouTubeチャンネルで配信した動画「GACKTが愛を里子に出しました」に批判が殺到中だ。

 動画は「ペットロスで沈み込む知人妻を励まそうとして自身が育てていた子犬をサプライズプレゼントする」というもの。これが「犬をモノ扱い」「美談ではない」など炎上。その後GACKTがYouTubeのコメント欄をオフにし、「17LIVE」で釈明の声明を出したが「人の庭で騒ぐな。喧嘩売りたいなら買ってやるからこいや」と反論。火に油を注ぐ状態となってしまっている。

 そんな中GACKTに新たな疑惑が。「フライデー」(講談社)によれば「過去に飼っていたペットの複数が“知らぬ間にほとんど登場しなくなっていること”をファンがツイッターで指摘していたことが注目を集めている」とのこと。ファンが「誰も触れてこなかったよね。メインクーンのメイ、ルーシー、ミルキーなどは今どうなんだろうか」「公表していない子でも子犬なのにいつの間にかいなくなっているわんちゃんが今まで何匹も」という声があったとのことだ。

 そもそも世界中で不動産業などを展開しているGACKTに一か所でペットを飼うことが可能なのか、という話ではあるが、これまでのやや怪しい人物像を踏まえると、どうしても「怖い」「闇が深い」となってしまうのも仕方がないか。

 今回の炎上も相まって、なかなか辛辣な意見が多い。