» 『100ワニ映画』に批判…竹内結子さん、三浦春馬さんや自殺者増加の中で
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 『100ワニ映画』に批判…竹内結子さん、三浦春馬さんや自殺者増加の中で

『100ワニ映画』に批判…竹内結子さん、三浦春馬さんや自殺者増加の中で

『100ワニ映画』に批判…三浦春馬さん、竹内結子さんや自殺者増加の中で
socialfill

 2019年12月からTwitterで毎日1話ずつ更新され、話題となった「100日後に死ぬワニ」。同作が原作となるアニメ映画の公開が発表され、違った意味で注目を浴びている。

「100ワニ」と言えば、作者のきくちゆうき氏のTwitterアカウントに投稿された4コマ漫画。その衝撃的なタイトルからは想像がつかない素朴なタッチと和やかな内容が魅力。2020年3月20日に100話で完結した際には、Twitterのトレンド世界1位に輝き、4月には書籍化されたほどの話題作だ。

 その「100ワニ」を原作としたアニメ映画『100日間生きたワニ』が、5月28日に公開予定であることが100日前の2月17日に発表された。声優陣も、ワニ役に神木隆之介、ワニの友人・ネズミ役に中村倫也、モグラ役には『ドラえもん』(テレビ朝日系)のジャイアンも務める声優・木村昴、ワニの恋仲・センパイ役に新木優子など、豪華かつ人気の面々が揃った。

 しかしネットには痛烈なコメントが続出。「結局、金なんだよね」「用意周到過ぎた金儲けの展開」と、単純に作品の評価ではないとの意見や、「今はオワコン感満載……」「元作品が既にネタバレしてる中、ストーリーを創作しても魅力を高める『伸びしろ』が見えなすぎる」などの声も見られ、流行りも収まった今さらの映画化に疑問を抱いているようだ。