» 東出昌大ギャラ「NHK受信料」の複雑…BSドラマ出演決定も「棒」懸念
カルチャースポーツ社会

東出昌大ギャラ「NHK受信料」の複雑…BSドラマ出演決定も「棒」懸念

(一応)最新の東出昌大に会える?

 21日、俳優の東出昌大が、ドラマ『スパイの妻』(NHK・BS)に出演することがわかった。

 主演は蒼井優。戦時中、愛を貫く女性の姿を描いた作品のようだが、東出は蒼井演じる福原聡子の幼馴染で、神戸憲兵分隊の隊長役である。

 女優の唐田えりかとの不倫報道で、芸能生命の危機にある東出。騒動以降はすでに始まっていたドラマ、3月のイベントでの釈明会見以外では表舞台で見ることもなくなっていた。新型コロナウイルスもあり外出もままならず、出演映画『コンフィデンスマンJP』は公開延期。当面その姿を見ることはないと思っていたのだが……。

それだけに「いつの間にドラマなんか撮影していたんだ」と驚きの声もあるのだが……。

「NHK受信料が東出のギャラに」の声も

「制作発表があったのが去年の秋だったので、撮影も不倫騒動以前になされたか、騒動後でもスケジュールを変えなかったか。代役、差し替えという選択はしなかったということです。コロナ禍ですし、代わりの撮影は難しいでしょう。

主演が蒼井優さん、監督が黒沢清さんということで、東出さんが出演しているというだけで『お蔵入り』というのはもったいないですし、騒動も当初ほど騒がれてもいませんので……NHKとしてもGOサインを出す理由は十分にあると思います」(メディア編集者)

 とりあえず久々のドラマ出演ということで、いろんな意味で注目されている東出。

 演技派で知られる蒼井とどのような掛け合いを見せるのかも気になるが、相変わらず東出といえば言われてしまうのが「あの不足」である。