» 三浦春馬が『青天を衝け』登場に驚愕…最後の場面“名前”
カルチャースポーツ社会

三浦春馬が『青天を衝け』登場に驚愕…最後の場面“名前”

三浦春馬が『青天を衝け』登場に驚愕…最後の場面“名前”
socialfill

 14日より放送を開始した大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)。

 幕末から明治にかけて産業界で活躍した渋沢栄一吉沢亮が演じる本作。前作の『麒麟が来る』が新型コロナウィルスの影響もあって予定が変わるなどもあったが、『青天』は順調に撮影できるといいのだが……。

 第一話はとりあえず導入ということで子役時代を中心としたもの。一方で徳川慶喜役の草なぎ剛の登場など、見どころも多かった。

 また、放送終了後の「解説」では、一部の視聴者の間で一瞬の「驚き」があったようだ。

「解説で、はバンドネオン奏者の人物紹介があるのですが、その名前が『三浦一馬さん』だったんです。

一部視聴者の間では『三浦春馬かと思った』『最後のご当地紹介、三浦春馬と思ったら三浦一馬だった』『最後の解説の時のバンドネオン奏者の名前に一瞬えってなった』などというコメントが相次いでいます。