» MEGUMI「整形」顔変わりすぎもあくまで“自然強調”
カルチャースポーツ社会

MEGUMI「整形」顔変わりすぎもあくまで“自然強調”

MEGUMI「ド整形」顔変わりすぎもあくまで“自然強調”
socialfill

 10年越しの努力アピールも認められず?「医療でしょ」と心無い声。

 13日、女優のMEGUMI(39)がインスタグラムを更新し、28歳の時から悩んでいたという自身のほうれい線が薄くなって来たと報告した。

「人の顔の老けた印象は口元で決まるってご存知ですか?」とコメントしたMEGUMI。

「年齢を重ねると口角が下がって、口が前に出てオラウータンみたいになって老けたなぁってなるんです 目元じゃなくて口なんです!!」と持論を展開し「実は28歳の時にほうれい線がシッカリ出てしまいまして、それから、ありとあらゆる事をしました」と、自身が出会った本に書かれた内容が効果的だったとし、その結果を5年前と現在の写真と共に公開する形で披露した。

 この投稿にフォロワーからは、「お綺麗ですね」「昔より今のがどんどん綺麗に」「口元ですね。なるほど」「貴重な情報ありがとうございます」と、その努力の賜物に称賛の声が。

 ただネット上には、「施術なしに消えるなんて物理的にあり得ない」「医療でしょ?」「ヒアルロン酸かなぁと」「一度垂れたものは元にはもどりません」「外科的処置のみが変化を与えることができる」など、外的要因によるものではと疑う声も。

「顔変わりすぎ」
「ドラマで久しぶりに見かけたらMEGUMIと分からなかった」