» GACKT「犬をモノ扱い」愛情ゼロ里子出しの問題点とは
カルチャースポーツ社会

GACKT「犬をモノ扱い」愛情ゼロ里子出しの問題点とは

GACKT「犬をモノ」愛情ゼロ里子出しの問題点とは
socialfill

「ホントに愛犬?」愛犬を里子に出して、非難続出。

 歌手のGACKTがYouTubeチャンネルで公開した動画に非難が集まっている。

「GACKTが愛犬を里子に出しました」のタイトルで公開された同動画だが、そのタイトル通りGACKTの愛犬フェンディを里子に出すという衝撃的な内容。

 GACKTのポーカーの師匠が14年連れ添った愛犬を失ってしまい、ペットロスになってしまったという師匠の奥様が立ち直る切っ掛けになって欲しいとして、「GACKTから無理矢理犬貰った」という体でフェンディを里子に出す事を提案したという。

 フェンディとの別れに「勿論淋しいって気持ちはある」としたGACKTだが、「可愛がって貰えれば」「僕にとって大切な師匠なので」と決断に至った模様。

 その後、動画内では奥様へサプライズで師匠宅へ行き「新しいパートナーと共に、思い出と一緒に前に進んで下さい」とフェンディを受け渡すGACKT。

「この子にできる事はたくさんあると思う」「これからこの子を宜しくお願いします」と語り、「じゃ、帰ります」とあっさり。その早さに師匠も「もう帰るの?」と驚きの声。