二階俊博も辞任「森喜朗去る」五輪中止決定 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

二階俊博も辞任「森喜朗去る」五輪中止決定的な理由

二階俊博も辞任「森喜朗去る」五輪中止決定的な理由
socialfill

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)は、女性を蔑視する発言をした責任を取り、会長を辞任する意向を周囲に伝えた。

 以前会長を務めていた日本ラグビー協会を例に出して「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言し、世間から大バッシングを受けた森会長。その後記者会見を開き、「五輪・パラリンピックの精神に反する不適切な表現だった」と発言を撤回し、陳謝する一方、会長職の辞任は否定していたのだが……。

 すでにロンドンブーツ1号2号の田村淳が森会長への疑念などから聖火ランナーを辞退し、11日には将棋の藤井聡太二冠も定まらないスケジュールからランナーを辞退。藤井二冠は「森会長とは無関係」と強調している。

 五輪の開催することすら疑問が渦巻く中、問題発言はまさに「トドメ」となってしまった印象。世間からも「当然」との声が多い。